FC2ブログ

ひだまりのクラシ片(カタ)

おうちが大好き♡みなさんにもそう思ってもらえるように!お片づけのスキルでお手伝いします!

アレを使ってストールの収納

整理収納アドバイザー &
親・子の片づけマスターインストラクター の波田真里子です。

今日はストールの収納について。

ストールというと、くしゅくしゅっと丸めてカゴに収納したり、
ハンガーなどに掛けて収納することが多いかと思いますが、

こんな風にクリアファイルに挟んで収納すると、
形が崩れにくく、そして引出しなどに重ねて収納していても
サッとお目当てのストールを取り出すことができます。

ハンガーバーは衣類でいっぱい!と言う場合や、
婚礼ダンスをお持ちで浅い引出しの使い方に困っていらっしゃる方も
ストールなら薄いのでオススメです ( ღ'ᴗ'ღ )

わたし自身、お片づけで親子のコミュニケーションがとれるんだ!と気付いた講座♪
親・子の片づけインストラクター2級認定講座 は山口市にて6月26日(日)に開催!

【現在募集中】
6月23日(木) ベルジョーコ・ランチセミナー(焼きたてピザを食べながらセミナー♪)
                       ▶お申込フォーム         
7月10日(日) 自宅セミナー『お片づけdeシンプルライフ』日曜午後開催♪ 14時~ 
         ▶お申込、お問合せ... HP ひだまり整理収納 をご覧下さい。
8月21日(日)・22日(月) ひだまりランチafter会
         詳細はこちら
         ▶︎お申込みフォーム

■親・子の片づけインストラクター2級認定講座 詳細
■お片づけ作業も随時受付中!
          詳細は ひだまり整理収納 お片づけサービス

スポンサーサイト



照明を新たなご主人さんへ。

今度は昨日から主人が体調不良です・・・
無事に引越しができるのか???

最近またまたオークションに出品していました。

今回はシーリングライトとペンダントライトです。

IMG_9514.jpg
こちらは下関に引っ越して来たときにダイニング用に買ったモノでしたが、
その後ダイニング用はお気に入りのモノが見つかり洋間に付けて使っていました。


IMG_9517.jpg
こちらは下関の前の周南市に住んで居たときに使っていたモノ。
最近までダイニングの一角のミシンコーナーで使用していました。

二つとも思い出のあるモノですが、新居では使う部屋が無く、
持っていても納戸に置いておくのが関の山?と思えたので気に入って使ってもらえる人がいたらいいな〜と思い、
ネットオークションに出品しました。

オークションに出す事により、掃除、手入れをしたり写真も撮るのでなんとなく気持ちの整理も出来ます。

どちらとも新たな持ち主さんが決まりました。
いままでありがとう☆

畑も整理

娘の熱もようやく落ち着きました(*'∀'*)

でももうしばらく登園できないので、今日もお家で過ごします…。

庭に作った小さな畑の整理をしました。

先日じゃがいもを全部掘ったので特に何も植えていない状態でしたが、
昨年植えた花の種が落ちてたらしく、今年は勝手に咲いた花も一緒にお引越し。

後は、ずっと植え続けているネギも畑からプランターに植え替えました。



左奥側は昔買ったレタス系の種をプランターに蒔いたもの。
間引くついでにサラダに混ぜて食べてます。

プランターは新居のウッドデッキに置く予定です。

家族のモノは捨てにくい…。

今日は知り合いの方のお宅に整理のアドバイスに行ってきました。
『ママ友だちのお宅に行ったらみんなキレイで、うちにも呼ばなくちゃいけないのに呼べない 』とお悩み。

未就学のお子さんが2人居るからリビングにもおもちゃや絵本が。
ソファにもテレビ台にもぬいぐるみが。

子どものモノはいろんな色が使ってある分雑多に見えてしまうから、1箇所にまとめてみることや、見せたくないものは、見せない収納を提案してきました。

あと、ご主人の物が入っていると言われる引き出しがたくさん…。

そうそう、自分のものではないモノは捨てにくいんです。


写真はわが家の洗面所です。

生活感が隠しにくい場所ですヾ(*´エ`*)ノ



左上の方の→のとこ。

これ、主人用の化粧水。
ごちゃごちゃを少しでも解消したいと思い、ラベルを剥がしてみたり…。
でも、そういえばずいぶん前の冬に顔が乾燥すると主人が買ったはずなのに、中身を確認したらまだ半分くらいあります。

使ってる?と本人に確認したら、そうでもないようなので、最近お風呂にドバっと入れて使い果たす計画中です(笑)
ちょっと贅沢風呂?

節分 鬼のお面

今日は節分でしたね。

娘が幼稚園で作って持ち帰った鬼のお面



子どもが工作を持って帰ったときに、作品とその時の子どもを一緒に写真に残したらいい!と有名アドバイザーさんが言われていたので、最近そうしてます。

よく、子どもの工作どうしてる?と聞かれます。
いずれ処分するときが来るであろう工作…。
特に立体的なモノは保存しとくのも大変です。
でも写真に残してたら、処分しやすいですよね。
工作だけじゃなくて、子どもと一緒に!がポイントですよ。
後で画像みて、成長が分かりますよね。


本当はもっと早く、幼稚園に入る前に知っておきたかったなぁヾ(*´エ`*)ノ

このカテゴリーに該当する記事はありません。